400を超える色々なサービスが永遠に20%以上OFF !
Cポン登録はこちら

K1 暗号資産の基礎講座

KOCJコインについての研究

暗号資産のそもそものお話し

国内最大手もデジタル通貨へ移行

出典:日経オンライン https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66388010Y0A111C2EE9000/

仮想通貨?何それ美味しいの?

日本では呼び名がコロコロ変わってます!

暗号通貨の何がすごいの??

特筆すべき3つの最新技術

① ブロックチェーン
Blockchain
Bitcoinで初めて実現された分散型の相互監視システム。誰にでも過去の取引すべてが公開されて閲覧できるが、膨大な計算処理によって意図的な不正や改ざんができないように、ハッキングから守られている。

② スマートコントラクト
Smart Contract
賢い契約」という意味で、ブロックチェーン上で送金履歴だけでなく、契約内容までデータに書き込めることで、仲介人や証明人が不要になり、安全な電子契約システムを構築できる。

③ ダップス(DApps)
Decentralized Applications
中央集権型のプラットフォームとは相反し、中央の管理者が存在せず、自主的に独立して動作する。分散型のプラットフォームでは、秘密鍵(パスワード)を中央管理者に預ける必要がなく、取引の安全性を確保しやすくなる。

暗号資産を取り入れるメリット

利用者が得られる3つの恩恵ポイント

① 誰にでも口座を作れる
スマホ1台あれば誰にでも
送金取引が可能になります!


② 契約が簡単になる
不動産、会社登記、著作権、雇用関係など、
電子契約書で手続きも簡潔明瞭に!


③ セキュリティが高まる
データを中央ではなく、複数のサーバーに置いて
相互監視し合うため、漏洩リスクが下がります!

世界のIBMや政府広報の取り組み

ブロックチェーンで国際決済の障壁をなくす IBM Blockchain World Wire

【政府広報・総務省】Connect future. ~ 5Gでつながる世界 ~(3分ver)

コインとトークンの違い

OSなのかソフトウェアなのか

プラットフォーム型とも呼ばれ、システムの基盤として機能して、様々なトークンを発行できる。OSのような役割を果たす。

プラットフォーム型の暗号システムの上に発行された電子データ。基盤コインの暗号システムの特性が引き継がれ、ソフトウェアや電子証券のような役割を果たす。

OSタイプ:暗号システムの定期アップデートが必要で、トークン発行が盛んに行われたり、利便性や人気が高まれば価値上昇する。

トークンタイプ:ソフトウェアまたは電子証券としての需要が生まれ、ユーザーや投資家の要求に応えられれば価値上昇する。

ブロックチェーン技術の活用へ!

KOC・JAPANでも社会情勢および時代の変化を受け入れ、
セキュリティ強化やスムーズな送金決済を実現していくため

KOCJプロジェクト専用 LINE@

『KOCJプロジェクト専用サポートLINE』
をご用意していますので、KOCJトークンの申込方法や登録マニュアル、セミナースケジュールや個別のご質問などについて、フォロー対応させて頂きます⭐

専用LINE@ 登録QRコード
https://lin.ee/MZ3dQb1

※本記事内容のPDFファイルはこちらより↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました